若竹の緑鮮やかな6月は、竹生園で二つのものづくりワークショップを開催いたします。高野竹工の職人と共に、皆様のお越しをお待ちしております!〈へぎ目の小皿造りワークショップ〉New!※ご予約はこちらのフォームから開催日:2022年6月4日(土)時  間:13:00~15:00料  金:7,000円(吉野杉材、お茶お菓子込み)定員:6名会場:Shop&Gallery竹生園(ちくぶえん)*アクセス...

Read more

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。高野竹工の直営店『Shop&Gallery竹生園』の5月の営業日は下記カレンダーをご参照ください。5月14日(土)から6月12日(月)までは「受け継がれる木工の美展指物・木工編」を開催いたします。 

Read more

地元産筍を使った郷土銘菓「竹の子最中」が有名な長岡京市の和菓子店「喜久春」様からのご依頼で、店内の看板を製作させていただきました。デザインは建築家で「Studioon_site」代表の大野宏さん。真竹(まだけ)を縦に割ったシルエットと障子の様な白いスクリーンから漏れる柔らかな光の調和が美しい、京の和菓子店らしい雰囲気のある看板に仕上がりました。

Read more

高野竹工は良質な竹の産地である京都府長岡京に工房を構え、創業より職人が育てた竹と寺社仏閣などの古材を用いて茶道具から日用品までを幅広く製作してまいりました。昨秋開催しました「受け継がれる竹の美展」では、当社が大切に守り育ててきた竹に焦点をあてその素材と技の系譜をご紹介しましたが、本展はその続編として京指物を基本とした木工に焦点を当てて参ります。その第一弾といたしまして、妙喜庵国宝茶室「待庵」の北西...

Read more

「Studioon_site」代表建築家大野宏さんのデザインで、人々が和やかに語り合う場の演出として製作いたしました。ふわりと大きなオブジェがそこにあることで、自然とその下に人が集う。場を作り、場の雰囲気を和らげる、そんなモノづくりを目指した竹の傘です。

Read more

日頃は、高野竹工オンラインショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。この度オンラインショップのシステムメンテナンス作業に伴い、下記の期間サービスのご利用を一時停止いたします。■2022年3月31日(木)10:00~2022年4月1日(金)12:00※終了時間は予告なく延長する可能性もございますので、予めご了承ください。※メンテナンス前に注文いただいた商品に関してはサービス一時停止中も順次...

Read more

開催日:2022年3月5日(土)時  間:①9:00~12:00②13:00~16:00料  金:12,000円(材料代を含む)定員:各回6名会場:Shop&Gallery竹生園(ちくぶえん)京都府長岡京市天神2-15-1Tel:    080-2068-4367(営業日のみ)/075-955-2868(高野竹工本社代表)●阪急長岡天神駅下車徒歩10分●JR長岡京駅下車徒歩20分*お車の方...

Read more