秋の訪れ

2015.9.25  竹林便り 

萩ススキ葛女郎花フジバカマ撫子秋の七草も顔を揃えるお彼岸に夏中頃から花を開き会社の皆の目を楽しませてくれた桔梗の花こちらもまた秋の七草(今年の桔梗は本当にたくさんの花をつけたな)朝早くから欠かさず水やりをして下さるYさんの愛がきっと届いているのだなしかしところどころかじられながらも結構たくましい花であるTheComingofAutumnWhentheequinoctialweekcame,thes...

Read more

栃木県、茨城県、宮城県の集中豪雨による被災者の皆様方に心からお見舞い申し上げます茨城県常総市を流れる鬼怒川の堤防決壊では甚大な被害が住宅地そして収穫を目前に控えた農耕地を襲いましたまた宮城県大崎市の渋井川も20メートルに渡って決壊しました今後このような未曽有の災害にいったいどのような対策を取っていくのかニュースを見るたびに考えさせられます近年災害の前に必ずと言っていいほど付いて回る「記録的」「これ...

Read more

9月初めの竹林でわっさわっさと落ち葉をならしていると虫取りかごを首に下げた少年たちがやって来て尋ねました「あの、ここらへんでクワガタやカブトムシはどこに行けば見つけられますか?」「カブトムシなら竹林の中の土がたくさんある辺りの木を探してごらん」Rさんは竹林の中ほどにある土塚(つちづか)に少年たちを案内しました昨年ここでカブトムシの幼虫を沢山見たのですが少年たちが近くの木を探している間土を掘ってみま...

Read more

竹の地下茎

2015.8.26  竹林便り 

気持ち良い8月の風が実り始めた稲穂を揺らして嬉しそうに吹き抜けていきます秋へ向かって根を強くする稲のように竹もまた7月中頃からが根の季節で元気な新たな根っこ(地下茎)をぐんぐん伸ばしていきますよく観ると節ごとひとつずつ左右交互にもう小さな芽のようなものが付いていますこの地下茎を見て弊社スタッフはつぶやきました「竹はねこの芽のどれが来年の筍になるか地下茎になるかどうやって決めるんだろう?」ううぬする...

Read more

「節目」

2015.8.14  竹林便り 

お盆休みに久し振りに兄と会い夏の京都を歩きながら沢山の話しをした林業のこれからの展望独立して3年目を無事に終えた気持ちなど厳しい山仕事を10年以上続けている兄から学ぶことは多いそんな兄を見送った後ふと先代の社長の言葉がRさんの心に響いてきた「3年続いたら6年を6年続いたら9年を目指しなさいそうして10年続けば一つの節目や」竹林育成の仕事もいよいよこの秋から11年目に入るいただいた数々のお力添えに感...

Read more

弊社が管理させていただいている伊佐家住宅(重要文化財)の竹林にはおおよそ3000本の真竹の中に孟宗竹が数本だけ共存しています今年育った孟宗竹はたった2本ですがこの貫禄です竹はその花をめったに咲かせないため地下茎から無性的に繁殖しますそのためたとえ混生してもお互いが混ざり「孟真竹」なる筍は生えないようですこれほどの逆境を孤軍奮闘(こぐんふんとう)する若いいのちを真竹たちは眩しいやさしいまなざしで見つ...

Read more

平成27年の近畿地方の梅雨は6/3から7/20頃まとまった雨がしっかりと降り新生竹も立派に育ちました(写真の手前左が今年の新生竹)台風11号で倒れた竹を片付けながら喜ぶRさんは不思議な物体に手を止めました笹の葉の細い茎に朱色の塊がくっついています触る勇気がありません・・・竹の枝で突っついてみました動きません(何だろう???)自宅へ戻り早速調べてみると「赤団子」という名前の竹に付く菌ということその生...

Read more

4年前の8月初め竹を食べるタケトラカミキリが倉庫で見つかりしばらくの間カミキリと奮闘する日々が続きました彼らはデンプンすなわち糖類を好むそうですならば…手始めに倉庫のいたるところにリンゴジュースをペットボトルに入れて吊り下げましたけれどもさっぱり近づく気配はありませんならば今度は…日本酒酢フィトンチッド竹酢液…といろいろ試したものの全く反応はありませんこうなったら最後の手段ハエ取りリボン!倉庫の天...

Read more

「温情」

2015.7.6  竹林便り 

きれいに片付けられた作業台に2本の根掘り竹が置いてありそれを見たRさんは思いました(うわ~美しい!)今までに見た白竹(しらたけ)の中でも透き通るような質感が際立っていました(どこの竹材屋さんの仕上げかな・・・?)そんなことを考えているとM部長が横に来て言いました「昨年うちで油抜きをしたものですよ」「・・・本当ですか!!」仕事に対する理想の非常に高いM部長が竹の仕上がりに相好を崩したのを初めて見まし...

Read more

”どんなに正しいと思えたことにも1%の余地を残しておきなさい”ずいぶん前にこんな助言をして下さった方がいましたつい先日社内で「蜂」の話題になり蜂について少し本で調べたことのあったRさんは「ハチの危険な時期は8月9月10月です」と得意げに言いましたするとAさんが「もうこの時期に飛んでいますよ」Aさんは決して適当なことを言いませんあくる日タケノコの写真を撮りに竹林へ入ると枯れ竹の山の辺りから大きなスズ...

Read more