受け継がれる木工の美展 -漆編

2022.6.5  お知らせ 

高野竹工直営店Shop&Gallery竹生園にて今春から始まりました「受け継がれる木工の美展」では、昨年開催の「受け継がれる竹の美展」に続き、京指物を基本とした高野竹工の木工の仕事をご紹介しております。

前半の「桜の茶杓」「指物」に続き、後半は「漆」「蒔絵」といった装飾の仕事に焦点を当て、高野竹工の職人の技をご紹介してまいります。

-漆編-
6月18日㈯ ― 7月11日㈪ 土・日・月・祝開催

本展では「漆」に焦点を当て、木工作品に更なる強度と芸術性を与える技術をご紹介いたします。

Shop &Gallery 竹生園でもお馴染みの竹の器や木皿などにも使われている拭き漆や、茶道具などに施され格式を醸し出す真塗や溜塗。

職人の仕事をスライドショーでご覧いただきながら、高野竹工の漆の世界をご紹介いたします。

また、千利休居士生誕500年を祝して、竹生園では妙喜庵国宝茶室「待庵」の古材で製作した茶道具も展示しております。高野竹工の定番の暮らしの道具も併せてお楽しみいただけますと幸いです。皆様のご来場をお待ちしております。

 

◆モノづくりイベント

本格金継ぎ教室 

ご入会事前説明会のご案内

日時:7月11日(月)13:00~14:30

場所:Shop & Gallery竹生園にて

詳細・ご予約はこちらから

<今後の展覧会スケジュール>

※初期「受け継がれる木工の美展」の展覧会スケジュールから内容・会期の延長やお盆中の休業など変更がございますので、お越しの際はHP及びSNSにて最新の営業日をお確かめくださいませ。

受け継がれる木工の美展 -蒔絵編-
7月16日㈯ ― 8月29日㈪ 土・日・月・祝開催(8月13・14・15日休業)

金や銀の粉を漆の上に蒔いて描く蒔絵は、作品を優美に仕上げます。繊細な技で多彩な文様を生み出す蒔絵職人の仕事をご紹介いたします。

Shop&gallery 竹生園
〒617-0824 京都府長岡京市天神2丁目15-15
営業日 毎週 土・日・月/祝
営業時間 10:00-17:00
Tel 075-925-5673(営業日のみ)
takano-chikubuen@takano-bamboo.jp
◉阪急 長岡天神駅で下車 徒歩10分
◉JR京都線 長岡京駅 徒歩20分
※竹生園(ちくぶえん)内に無料の駐車スペースがございます。
*コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来店の際はマスクの着用をお願い致します。

主催:高野竹工株式会社 Tel 075-955-2868(本社代表)
www.takano-bamboo.jp
Instagram/FB @takanochikko