強い瞳

Share on Facebook

あれは6年前の 7月28日のこと

空は青く澄み渡り 予報も1日を通して晴れマーク

カブで片道1時間の 小さな竹林へ来ていた

竹林の前で朝早くから 畑仕事をされていた おじいさんに
「 いつもお早いですね 」と挨拶をして 竹林へ入った

ミョウガの群生があちこちにあり スッキリとした香りが
暑い日射しを 和らげてくれた

( 今日で記録取り 終わりそうだな )

お昼を過ぎた頃 作業の目処も立ち
何気なく空をみると 遠くに灰色の雲があった

( いやいや 今日は夕立の「ゆ」の字も言っていなかったもの )

雨具を持ってきていないRさんは 確かに近づく怪しい音に
非力な抵抗を続けた  …ここ 外れてくれないかな

思いも空しく 俄かに風が変わり 暴れ始めたので
仕方なく記録ノートを ビニール袋へ入れ終わった瞬間  「 ビカッ 」

( 確か光ってから3秒で1キロ付近まで近づいているとか… )

「 1…  バリバリッどどお-んっ ビカっっ シュシュシュー

・・・ ・・・ ・・・           」

ダイチ   ユレタ
ヒバナ   アガッタ
ケムリ   ミエタ

青白い「ぬりかべ」みたいに立ちすくみ 動けなかった

( 雷オヤジの的に 完全に入ったな… )

稲妻が大暴れしている最中 大粒の雨が落っこちてきた
水しぶきで辺り一帯が 白くなった

思考が停止していたRさんは 何故か草を見ていた
ピチピチと雨に揺れて 楽しそうぢゃないか!

( 草はカミナリに打たれない… ) ネコロンデミヨ

 

空を見上げるRさんの頬に やわらかな陽の光が当たった

( … イキテル …    バイク 大丈夫かな )   ザザザーーーッ

… 「ぬりかべ」が 立ち上がった

よろよろと バイクのところへ出てみたRさんは ハッと目を見張った

目の前の畑の 向こう側のあぜ道に
朝のおじいさんがビニール傘を差し
身じろぎもせず こちらを見ていた   (心配して 来てくださった…)

その強い強い 瞳の力は
Rさんの心に じん と染みた

澄みきった青空の日は おじいさんの瞳を思い出す

コメントは受け付けていません。