Share on Facebook

彼岸花の後から 茶の木の花が咲き始めました

地味かつ 何とも味の深い花

つかの間の休日 某名女優の方の 伊勢神宮参拝の放送を観て 心に留めたお言葉がありました

やっぱり、物の冥利っていうのを考えてしまうのね。物が最後まで、あ~私は充分に役を果たして終わりました。って、

ティッシュ1枚でもそういうふうに、ティッシュが思ったかなっていう、そんな感じ方をするんですよね。

いつのころか 1人黙々と竹を伐っていた時

竹を伐る足元で 何とたくさんの苗木や 苔 虫たちが生きているんだなと 思ったことがありました

それまでは クモの巣も つる草や イバラ ムカデ… そのどれも

竹を伐る邪魔をしてくるとしか思っていなかった 者たち

彼らから見れば Rさんは大きな山姥のような 破壊者なんだろな

破壊と創造 生きる厳しさを知るほどに 目に映る命の光

 

コメントは受け付けていません。