和み語らう(つづき・最終回)

Share on Facebook

 

 

1月15日からスタートした 今年の油抜き作業が終わりました

 

例年4月中に終えていた作業が 今年は3か月遅れの7月23日までかかり

 

そもそも油抜きをして天日に晒す1連の作業が 5・6・7月に出来るのか という疑問について問う良い機会になりました

 

経験から8月~10月に伐った真竹は 4月までに水抜きが終わり 良い白竹に仕上がります

 

けれども資料で書かれている11月以降に伐った真竹は 太目のものは5月~6月に水が抜け その後油抜き作業に取り掛かかることになります

 

最も気にかかっていたのが 天日晒しが梅雨の季節と重なることと 竹に産卵するベニカミキリの産卵期と重なってしまうことでした

 

今期の作業を終え 振り返り まず頭によぎるのは

 

よほどの意地の強い竹好きでなければ 過酷すぎてさせられない ということ

 

梅雨の事より ベニカミキリよりも まず温度計が40度の中で日の差す中8時間ガス台に向かう作業が

 

他のどなたにもお願いできないという現実

 

さらに 8月からは今年の伐竹シーズンが始まります

 

梅雨の雨による竹材への影響は思ったほど著しいものではなく

 

ベニカミキリは たまたま今年は発生自体が少なかったようでした(即ちまぐれラッキー)

 

社員の方々が心配して 止めにかかる中 意地を通しての今シーズンは

 

終わってみれば 多くのやさしさに 支えられていたことに気付いたシーズンでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。