• HOME
  • 竹のこと
  • 竹の一次加工

竹のこと

竹の一次加工

伐採

生えてから4~5年の竹を伐る
伐採時期は竹内部の水分が減る秋から晩秋

乾燥

約2ヶ月~3ヶ月間、自然乾燥させる
逆さに立てておくと水分が抜けやすい

油抜き

熱を加え、竹の水分と油分を抜く
この過程には2つの方法がある

湯抜き(湿式)
苛性ソーダを加えた湯で竹を煮沸する方法
特徴:柔らかく籠編みに適している

火炙り(乾式)
炭火やガス火で直接竹を炙りながら
油を拭き取る方法
特徴:繊維が固くなり割れにくい

晒し

屋外に干して天日に晒す
3週間ほどで緑色が抜け、艶が出てくる

保管

カビが生えないように倉庫で保管する
用途にもよるが、2~5年かけ更に乾燥させる

二次加工

茶道具や日用品など様々な商品へ


[茶道具]


[インテリア]


[箸]

ページのTOPへ