• HOME
  • 工房について

工房について

80年以上続く京都の竹細工店に生まれた先代社長、髙野不窮斎が独立して竹の豊富な嵯峨野に工房を構えたのが昭和48年。
当初は家族で始めた工房も次第に人が増え、京都市西京区、向日市と並ぶ京銘竹の主産地、長岡京市に工房を移転しました。

現在では竹工芸だけでなく、指物、漆、蒔絵など様々な技を持つ職人が働いています。

職人紹介



製作風景(動画)

杉の振出を作製しました。適度にフィットしているのでこのような滑りとなります。

ページのTOPへ